早漏は性交渉のさいに意図せず早く射精してしまうことを言います。早漏の原因はさまざまで、ひとつはペニスの感度が良いということと、もうひとつが緊張の神経が制御できていないことがあげられます。
早漏防止としては第一にペニスの感度を下げることが手っ取り早い方法として知られます。感度を下げる方法としては経験を積むことがもっとも自然な形ですが、それでも感度が下がらずに早漏に悩む人も多くいます。この場合の早漏防止の方法として塗り薬を付けるという方法があります。早漏防止の薬は売られていますが、医薬品ではない怪しげなものもあるなど、選び方が難しいものといえます。そのため、本来は早漏防止の目的のためではない薬を利用するという方法もあります。
この場合には痔の治療に使われる塗り薬が有名な方法として知られます。痔の薬は、局所麻酔薬が含まれており、これにより痔の痛みやかゆみを抑えることができます。その痔の薬をペニスに塗ることで局所的な麻酔効果を得ることができ早漏防止につなげることができます。また局所麻酔薬の成分が含まれているものであれば、同じ効果を得られ早漏予防の薬として使うことができます。この場合には、緊張の神経が制御できなくても早漏を防ぐことができるメリットがありますが、あくまでもその場しのぎの方法でしかないのが欠点です。
一方で緊張の神経を制御して早漏を防止する場合にはやはりペニスを鍛えることが重要になります。このさいに経験を積むことが一般的なトレーニング方法ですが、これらは性交渉ではなくオナニーでも改善することができます。基本的には、亀頭に対して直接刺激を与えることであり、これらを繰り返すことで早漏予防につなげることができます。