早漏に悩む男性もそれなりに多いですが、早漏になってしまう原因の一つと考えられてることとしては、脳内にある神経伝達物質であるノルアドレナリンと呼ばれる物質が多すぎることが挙げられます。
このノルアドレナリンとは、人間の集中力ややる気、緊張などを向上させていく物質であるといわれていますが、特に不安やストレスを感じることによって、交感神経が活発化して増えていくという特徴があります。
ノルアドレナリンが活発化すると性的な興奮や集中力も高まってしまい、結果として射精命令が誤って早く伝達され、性行為時に挿入後すぐに射精してしまうということになります。
もしも、早漏の原因がこのような現象から起こるのであれば、ノルアドレナリンとは逆の効果をもたらすセロトニンを増やすことによって、早漏防止に効果をもたらすということが考えられるということになります。
セロトニンが増えることにより、急激に高まる興奮状態を中和させる効果をもたらし、勃起状態も正常になり、射精も適正に行われるようになります。
では、どのようにすればセロトニンを増やすことができるのかというと、一番手っ取り早い方法としては、抗うつ薬を服用するということでセロトニンを増やす方法があります。
抗うつ薬にはセロトニンを増やす作用がありますから、結果として早漏防止にもメリットがあるということになります。
ただし、抗うつ薬を服用し過ぎると、性欲が減退してしまい、射精困難になってしまうこともあり、早漏防止には逆効果になってしまうことになります。
ですから、早漏防止のために抗うつ薬を服用するのであれば、医療機関に信頼のおけるドクターに薬を処方してもらうということが大事になってきます。