これから記述するのは、スタート・ストップ法(セマンズ法)について記述していきます。
早漏に悩む人であれば、多くの人が考えることのようです。
やり方自体は非常に簡単です。

具体的な方法としては、性交中に射精しそうになった場合は、ピストン運動を止め、射精感が収まったら再びピストン運動を行うということです。
これは、実際の性交時に行うことも出来ますが、自慰行為の際には早漏トレーニングとして行われることもあります。

自慰の際に射精を遅らせるという意味では効果が見込めますが、実際の性交時に効果があるかというと、否定的な意見が多くあります。

その理由としては、自慰行為と性交時で感じる刺激が異なることということがあります。
自慰行為で射精を我慢することが出来たとしても、強い刺激を受けた場合には我慢することが出来ず射精してしまう可能性があります。
また、物理的な刺激にはある程度慣れることが出来ても、脳の興奮を抑えることが出来ないと射精に至ってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

射精をコントロールするためには、興奮をコントロールする技術も合わせて身につける必要があります。
正しい方法で、早漏を克服することが大切です。