プリリジーとは、世界初の飲む医療用PE(早漏)治療薬です。
短時間作用型のSSRI(セロトニン再取り込阻害薬)という薬に分類されます。
現在、世界10か国以上で認可され、数百万人のPE患者に使用されており、すでにその安全性は確率しています。

プリリジーの早漏防止効果とは、内服することにより、射精までも時間を延長し、パートナーとの性行為のタイミングの不一致を調整することにより、性行為の満足度を優位に上昇させる効果があります。
射精までの時間をプリリジーを飲む前の4倍遅らせる効果が、海外の治療により確認されています。

バイアグラやレビトラ、シアリスのようなED治療薬は、勃起をしやすくする治療薬ですが、それに対してプリリジーは、射精を遅らせるための早漏防止の処方薬です。
ED治療薬とPE治療薬は、同時に服用することが可能です。
同時に服用することにより、早漏のプレッシャーによって引き起こされた、EDの同時治療が可能になります。
特に即効性が高いレビトラと一緒に服用すると、より高い効果が得られます。

ここでは、PE治療薬プリリジーの特徴について、ご紹介します。
プリリジーの有効成分は、ダボキセチンという成分で、脳内のセロトニンの濃度を上昇させる効果があります。
脳内に分泌されるセロトニンは、不安や緊張を取り除く物質です。
そして、射精にかかる時間にも影響する物質です。
セロトニンの減少を抑制し、濃度を上昇させることにより、射精をコントロールしやすくするというのが、プリリジーの有効成分であるダボキセチンの効果です。

プリリジーは、性行為の1時間~2時間前に服用します。
1日1錠が基本ですが、効果があまりかんじられない場合には、最高で2錠までの服用であれば、可能とされています。